イスタンブールのあの公園はあった方がいい、旅行者にとっても

連日ニュースに上がっているように、イスタンブールで大規模なデモが起こっているみたいだ。
タクシム広場周辺の再開発に反対するデモが、エルドアン政権反対の意味も帯びてきての衝突とのことだ。

イスタンブールでデモ隊が機動隊と衝突、数十人重軽傷

http://www.afpbb.com/article/politics/2947217/10829019
AFPBB News

このタクシムというのはイスタンブールの新市街の中心地で、タクシム広場はバスや地下鉄の発着点となり、反対側へは洒落たショッピングストリートが始まる大きな広場である。様々な人たちが行き交うイスタンブールの中心地と言ってもいいようなところで、ちょうど1年前に私も滞在したときは(この辺の過去記事を参照)、ホステルや友人の家などもこのあたりだったし、集合場所はいつも角のバーガーキングの前だった。映像を見る限り、件のゲジ公園というのは、タクシム広場のバス停をはさんだすぐ北側で、ビルやカフェ、官公系オフィスが多く、あまりゆっくり休める公園がないこのエリアでは、貧乏旅行者にとっては数少ない避暑地だった。芝生で寝ている人や、ベンチで新聞を読む人、木の下でダラダラ酒を飲む人など、地元の人にも人気のありそうな公園である。歩く気も失せるトルコの日中の日差しをここの木陰で本を読んだりしてしのいでいたら、地べたにそのまま座る私を見かねてか、ホームレスと思われるおいちゃんが尻に敷く新聞紙をくれた。近くのトルコ式トイレは有料だった。

1年ほど前、平常時のタクシム広場


先日

その時に会った友人たちから、イスタンブールにはアナキストもいっぱいいてデモも激しいよ、と聞いていたので、今回はそういった黒い人たちはどのような動きをしたのだろうかと写真や映像に目を凝らす。そういえばそのタクシム広場近くのアナキストカフェに連れて行ってもらって、コレクティヴだと言うので運営方法などを聞いたところ、「ここにURLがあるからホームページ見て」と言われてフライヤーを渡され、後日チェックしたところトルコ語の表示しかなかった、といったこともあったり、また別のところでストリート・パンク系のライブがあるからと誘われてたけど、非道い下痢にやられてて行けなかったこともあった(結局トルコではライブを1つも見られなかったので、垂れ流してでも行っておけばよかったのかもしれないと今更思う・・・)。今読み返すと、この辺のことは書いていなかった。最初に泊まったホステルもアナキストが運営しているホステルだった、「Liberta」という名前だったか。
そんな感じのイスタンブールなので、デモが起きれば人も集まり、そこにはパンクスたちもきっといたのだろう(現状については改めて、いつか友人に突っ込んで聞いてみたい)。

そのアナキストカフェ店内

ニュースを見ていると、特に日本のマスコミが針小棒大に取り上げているだけなのかもしれないが、「五輪誘致に悪影響」と書いているところが多い。公園の再開発は直接五輪誘致に関係しているか知らないが、そうか、東京もデモがたくさん起きれば五輪なんか来なくなるのか。デモが起きる=「危ない」のでそこでやらない、というのも、オリンピックの非民主性をよーく表していてアホくさいなと思うが(やっぱりオリンピックなんて時代錯誤なのでそれ自体やめたらいい)、東京も気張ってデモがたくさん起きて機動隊が放水車を投入したりすれば、また五輪が遠のくのかもしれない。ハシシタや都知事のリップサービスばかりに頼ってはいられないわけだ。

02. June 2013 by sats
Categories: turkey | Tags: , , | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *