2012年 映画ベスト5 | 焔と煙霧

2012年 映画ベスト5

近年は一応ツイッターとかフェイスブックでその年に見た映画のベスト5を細々と載せていたので、今年はここで。
今年劇場で観た新作映画は25本(旧作は7本だったか)。引っ越しであったり退職であったりもちろん旅行であったり、単に怠惰なだけだったりで見逃したもの多数のため相変わらず分母が少ない・・・。

  1. ニーチェの馬
    タル・ベーラの映画がもう観れないのは悲しいので、DVDで買った『Satantango』をじっくり楽しむことにする。どうせなら一気に観たい。
  2. サウダージ
    日本の「地方」とか「郊外」の閉塞はどこもあんな感じなのだろうと思う。インディペンデントな音楽表現が排外主義にも繋がるというのはこれから地方で頻発することなのだろうかと。
  3. Eega
    パリで観たインド映画。あまりのやりたい放題で圧倒された。ここに観た時の感想や動画等あり。もっと観たいなインド映画。
  4. 別離
    見逃していたものを先月末「ぎふアジア映画祭」で観賞。 やはりこんな映画が国内で大ヒットするイランにも行ってみたかった。
  5. God Bless America
    うざい奴らを銃で殺しまくる、という何ともアメリカ的な映画で二度も観てしまった。今も昔もバンバンと大変な国だ。

というわけで、ガキっぽいと言われたらそれまでだが、世の中が閉鎖しすぎて息が詰まって人が世界がどうにかなる映画を多く観ている気がする。そう言えば『メランコリア』も良かった。来年はどんな映画が観られるのか。東京にいるので映画環境は非常に良い、旧作ばかり観てしまいそうだが。

27. December 2012 by sats
Categories: films | Tags: , , , , , | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *