再びフィリピンパンクスへのカンパにご協力を! | 焔と煙霧

再びフィリピンパンクスへのカンパにご協力を!

前の投稿で書いたように、先日久々にフィリピンの友人たちへカンパを送りましたが、そのやり取りでメールをしていた際に、Rubyという巨大な台風がまた来ているから心配だとみな口を揃えて言っていました。今回は昨年のヨランダほどではなかったみたいですが、それでも3日間フィリピンに停滞した台風は、中部を中心に大量の雨を降らせ、特にサマール島やマスバテ島での被害がひどく、7万の家族が支援を求めているとの情報もあるとのことです。
その支援を、マニラのEthniko Bandido周辺の友人たちが行うとのことで、できれば昨年のように援助をしてほしいと改めて要請がありました。彼らは昨年のヨランダ被災者の支援活動で、電力が復旧しない地域へ自作のソーラーパネル発電機を持ち込み、携帯電話の充電やインターネットインフラの一時的な復旧等に使用しました。その活動費をここで呼びかけ、彼らやバコロドでFood not Bombsの活動を行っているパンクの友人たちに合計70万円ほどを送金することができました(去年の活動の模様はこのあたりをご覧下さい)。

なぜカンパをするのか、という理由はそれぞれあると思うし、金持ちだけがブクブク膨れ上がるようなどうしようもない世の中で、毎日がサバイバルな生活を強いられている人が大勢いるのももちろん知っているけど、それでも彼の地で自然災害の被災者へ支援を行うパンクの友人たちが、経済的な理由で活動を中断せざるをえないのを黙って見ている気にはなれないです。ちょっと飲みに行くのを我慢して、あのレコードを買うのを、あの本を買うのをやめて、そのお金を送ろうと私は思います。
もし懐に余裕があって、送ってもいいよ、という方がいましたら、ご協力をお願いしたいです。
いただいたカンパは私が責任を持って現地の友人に送金します。先述のようにカンパは台風の支援や、彼らが日常的に行っている活動の資金として使われます(詳しくは上記リンクを参照してください!)。

Ethniko Bandidoのクリス曰く、2人分の渡航費、缶詰や米などの支援物資として3万ペソ(約8万円)至急援助してもらえると助かるとのことなので、まずそれを目標にします。

実務的な話ですが、送金方法として、昨年使用したPaypalアカウントがまだ使えそうなので、以下の手順でPaypal、もしくは振り込みでも受け付けます。

Paypal:

下記空欄に、送金金額、あなたのメールアドレスを入力し、「Donate」を押してください。

フィリピンパンクスへのカンパ(PayPal)



Other Amount:



メールアドレスを入力 :




※うまくいかない場合は、satoshi(at)nomasters.com ((at)を@にして)まで送金下さい。

振込:
satoshi(at)nomasters.com ((at)を@にして)までカンパしたい旨のメールを下さい。追って振込先をお伝えします。

よろしくお願いします!

10. December 2014 by sats
Categories: philippines | Tags: , , | Leave a comment