EL ZINE vol.27 -G.A.T.E.S インタビュー

EL ZINE vol.27は9月29日発売です。

今回は、編集の山路さんからの依頼で、世界に”Metal Punk”ムーブメント(?)を同時多発的に発生させた張本人、二ツ木氏率いる現在進行形メタルパンクバンド、G.A.T.E.Sのオリジナルメンバー二人、そのギターの二ツ木氏と、ボーカルの根岸氏にインタビューしました。
私ごときが手に負えるバンドではないということはもちろんわかっていたので、以前話があったときに、やんわりと断った記憶もあったんですが(笑)、まあ他にインタビューしたいバンドもいなかったのと、ここ数ヶ月、二ツ木氏とよく話す機会があったこともあり、今回改めて、バンド”G.A.T.E.S”として、インタビューにお付き合いいただきました。

今号、他には、スキゾのツアーレポートはまた起床時間とかも書かれててすげー仔細なのかとか、悲観レーベルのも面白そうですが、まあ内容は買って読んでもらえばいいか。
さて、あけすけに言ってしまえば、このG.A.T.E.Sのインタビューは、今だからこそ、あらゆるものがオンラインで一度に楽しめてしまう若い10代、20代の読者(がそもそもEL ZINEにいるのかは私のあずかり知るところではありませんが)に読んでもらいたい内容なわけです。ハードコア、パンクの政治性ばかりに意識を向けてきた私のような偏屈な人間からすると、正直なところ、インタビュー中二人の話を聞いてて、「このオッサンたちは何を言ってるんだ」という瞬間がないわけでもなかったですが(笑)、政治性云々の前に、やっぱパンクもメタルもまず「音楽」だ、という内容で(「パンクは音楽ではない」という発言もありますが、それは読んでのお楽しみ!)、その「音楽」、換言すれば、バンドのメンバー4人がつくり出す表現はどのように生み出されるか、をある種赤裸々に話してもらってます。
とにかくこういうバンドをやっているのなら、胸を突かれ、かつあなたの頭をこんがらがらせながらも、最終的にはためになること請け合いです。否、良い子のみなさんはこんな大人になっては危ないぞ、というひとつの例なのかもしれません。でもそこに見えてくるものはきっとあるでしょう。まあどういった読み方であれ、私の世代も含め、若い人(何て言うの、ミレニアル? デジタル・ネイティヴ?)は「必読」と言っておきます。

例のごとく、発売後は手元に数冊在庫あるので、ほしい方は連絡ください。600円。送料は100円。
いつも2人くらいしか買ってくれないので在庫が余り、狭い部屋がさらに狭くなるので、どうぞお助けを。
そういえば、何か勘違いされている人がいるそうですが、こういったパンクのジン(少なくともEL ZINEは)やマキシマムロックンロールも、寄稿者に原稿料なんてびた一文出ませんよ(執筆者によるのかもしれないけど)。よくて現物支給なわけです。そういうエシックの上に成り立つものとして、みなやっているはずです。ギャラ目当てでないパンクのバンドをやるのと何ら変わりません。

インタビューはこの6月のブルックリンでのライブの話から始まります。


EL ZINE VOL.27
el zine vol.27

A4/表紙カラー・本文モノクロ/表紙含め全50ページ

●Fredrik Larzon
(MILLENCOLINのメンバーにして、TOTALITARやNO SECURITY等のJallo
Lehtoと共に、D-Beatパンク・バンドKVOTERINGENでも活動、また、レーベルDe:Nihil
Recordsを主宰しているFredrik Larzonへのインタヴュー)

●MILLENCOLIN & KVOTERINGENアルバム・ディスク・レヴュー
(両バンドのアルバム紹介)

●Jeff Burke from RADIOACTIVITY
(10月にジャパン・ツアーを敢行するテキサスのRADIOACTIVITY。その中心人物であるJeff Burke[ex.VOMIT
PUNX~MARKED MEN etc]へのインタヴューby HASHIMOTO氏/record KNOX)

●Knock Out Records
(90年代に一世を風靡した、ドイツのストリート・パンク/Oi!パンク・レーベル、Knock Out Recordsの主宰者であるMoshへのインタヴュー)

●G.A.T.E.S
(アルバムをリリースした東京メタル・パンク・バンド、G.A.T.E.Sのヴォーカルである根岸氏と、ギターの二ツ木氏へのロング・インタヴューby 鈴木智士氏)

●G.A.T.E.S Work’s Review
(今回のインタヴューの内容に沿った、G.A.T.E.Sの作品紹介by 二ツ木正康氏)

●Umea Punk City
(ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●SKIZOPHRENIAオーストラリア・ツアー・レポート
(ENZYME~ex.KROMOSOM/ex.PISSCHRISTのYeapの招聘により8月に行なわれた、SKIZOPHRENIAのオーストラリア・ツアー・レポートby
Yu!氏)

●Mark from Beach Impediment Records & AGGRESSION PACT
(リッチモンドのハードコア・レーベル、Beach Impediment Recordsの主宰者にして、ex.WASTED
TIME~現在はBOSTON STRANGLER等のメンバーと共に、AGGRESSION PACTで活動しているMarkへのインタヴュー)

●Life of Brazil & Japan
(ブラジルから日本へと帰ってきたKarasu Killer Records/DARGEのRafaによる、日本とブラジルでの生活に関するコラム)

●悲観レーベル
(ex.「悲鳴」~現「経血」「ブラジル人」「JHONETU-X」のメンバーであるツトム氏が主宰する、悲観レーベルへのインタヴュー)

●吐き気がする程ロマンチックなボクたち
(悲観レーベルとゆかりの深いバンド等の紹介テキストby
ツトム氏。紹介しているバンドは、悲鳴/タレナガシ/BAHOWA/illya/THE脱妄ズ/サリドマイド/えんだぶあ/解剖室/NONONO/ZETU/野晒/断絶間/ビル/猿芝居/経血/SICKz)

●LASHING SPEED DEMONS:D・O・T
(あぶらだこやTHE NURSEのメンバーらによるD・O・T へのインタヴューby 大越よしはる氏)

●KLONNS
(東京の新世代Blackened Hardcoreバンド、KLONNSへのインタヴュー)

●908
(10月にジャパン・ツアーを敢行するデンバーのグラインド・コア・バンド、908へのインタヴューby Rafa)

●チャレンジ・インタヴュー
(東陽一氏[ex.脳不安]/今村のりやす氏[Pogo 77 Records~TOM & BOOT BOYS])

(9/17編集済み)

16. September 2017 by sats
Categories: el zine, music | Tags: , | Leave a comment