el zine vol.12

パリの居候先が快適過ぎて、毎日部屋でダラダラ映画を見たり、700チャンネル以上あるらしいこちらの多チャンネルテレビをボケっと見たりしつつ、散歩したり美術館巡りをしたり蚤の市に行ってDVDを漁ったりしている。

さて、DOLL無き後の日本のアンダーグラウンドパンクシーンで孤軍気を吐くel zine(エルジン)の最新号に記事を書かせてもらいました。
ギリシャのヴォロスでのスクワット生活を中心に、ギリシャのパンクスについて書きました。
このあたりの記事と重複する部分もありますが、併せて読んで頂ければ幸いです。
現物を頂きましたが、東京のレコード屋3店へのインタビューがかなり面白かったり、表紙のSaira嬢へのロングインタビューや様々な現行のバンド、中国パンクシーンについて、ライター行川和彦氏によるCRASSや、Napalm Death(のアナーコ的解釈!)の記事など、もりだくさんの内容です。今号よりサイズもB6とコンパクトになってかっこよし!

全国のナイスなレコード屋、ディストロ等で購入可能です。

そんなel zineの発行人・山路さんのもうひとつの顔である個人出版社、十三舎の書籍は、本への偏愛が感じられるこれまた素晴らしい作品です。パンクと海野十三のミッシングリンクはここにあった?!

07. September 2012 by sats
Categories: books, france, greece, music, other, squat | Tags: , , , , | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *