【軽い告知】Debacle Path、MDC本の出版

あららら、ここをしばらく放置してました。Fatumは無事ツアーを終えて帰っていきました(いつの話だ)。ライブはギターもグシャっとしててステンチ度高めでしたが、音源は綺麗に録ってるのが彼らのポイントだな。

さて、私事ですが、現在進行中のプロジェクトがとりあえず2つあって、以前ツイッターには書いたんですが、とりあえず来年春くらいに「Debacle Path(ディバクル・パス)」という名前のジン?雑誌?(内容はまあもちろんハードコア・パンクを中心としたものになるわけですが)の第1号を出すので、それに入れる記事やインタビュー諸々を準備してたり、寄稿依頼をしたり。あとは、以前レビューを書いた縁で、MDCのボーカル、デイヴ・ディクターの自伝『MDC: Memoir from a Damaged Civilization』(Manic D Press)の日本語訳版を出版することになったので、その翻訳作業もまだ取りかかり中…。
「自分でできることは自分でやろう」ということで、それらのために小規模出版社を立ち上げるので、その準備も同時進行中。本の作り方を勉強したり、ドメイン取ったりサイト作ったり、よく知らない不慣れなことを、友人や図書館、グーグルを頼って何とか進めています。今は「ひとり出版社」とか、いわゆるリトルプレスのようなものも多いし、意外と何とかなるもんだ。出版の方のウェブサイトは、まだ中身が空っぽなので、用意でき次第またここで告知します。

MDCの今年7月、スロヴェニアはリュブリャナの最高なスクワット集合体・MetelkovaにあるClub Gromkaでのライブの様子。

12. December 2018 by sats
Categories: debacle path | Tags: , , | Leave a comment