Vegan Extreme終了報告

先回告知したVegan Extreme vol.1、大盛況で終了しました。人は来るのか、果たして私のシャベリは大丈夫なのかと、実は少し心配していたけど、ふたを開ければ何ということはなく、非常に中身の濃い、充実した時間を過ごせたイベントでした。
何がよかったって、テーマやイベント内容の影響ももちろんあるし、場所がレストランだというのももちろんあるのだけど、よくこういう「発表会」的なイベントにあるような、あの敷居の高くてちょっと行くのを逡巡しちゃうような独特の「壁」がまったくなくて、始終リラックスした雰囲気だったところ。イベントと知らずに入ってきたお客さんもいたし、トーク中に質問も飛び交って双方向感もあったし、かと言って別に必ずそれを聞かなきゃいけない雰囲気でもなくて自由に移動し放題だったし、まああれだけうまいヴィーガン料理が次々出てこれば、すべてうまくいくということなのか……。私の経験上、あまり楽しめたためしのない「トークイベント」の類に、良質なフードは必須だということです。惜しむらくは、トーク前にドキドキしてたら、ヴィーガン生春巻を食べ損ねてしまったことか……。

来ていた人たちは、どちらかといえばほとんどはメタルシーンの人たちだったのかな。終わってから、今後幅広く興味のありそうなことをできたらいいなと、私としては非常に珍しく、クリエイチブな意識に芽生えました。あ、Nさん夫婦と一緒にKalashnikov collectiveの二人が来てて、マクロビ先進国の日本に初めて来たのに、まったくヴィーガン料理が食べれない! え? それは金持ちセレブ向け? イタリアも同じだよ。 困った! でも今日ようやくおいしいヴィーガン料理が食べれた! と満足していました。

私の真面目トーク(ヨーロッパ等で食ったファラフェルやヴィーガン料理話の他に、イベントのタイトルにちなんで、ALFやフリーガン、ダンプスターダイビングの話をしました)のあとに、Abigail、StealwingのJeroさんの面白トークがありましたが、発見だったのが、各国にあるメタルチームの話。月謝(?)制であらかじめチームのメタルヘッズからお金を集めておいて、それをライブやらに使うそうな。これ、前にフィリピンのカンパ集めていたときに友人と話していたことを完全に実践していて、月謝で例えば毎月1000円なりを集めておいて、ライブはもちろん、緊急時のカンパや、誰か金に困ったときにそこから使えるようにするなど、自治的貯金システムとして使えるんじゃないかと。もちろん強制的に徴収するわけにもいかないので細かいルールは必要だろうし、まあどうせ失敗だらけなんだろうけど、こういう試みをやっていけば、一抹のanother worldの光が見えてくるのかなと。

というわけで、今後もVESPERAのおいしい料理を食べながら何かいろいろできそうな気になった一晩でした。ナルトシさん、エイジさん、当日いたみなさん、ありがとうございました。

当日のトークの模様。タイの真っ黒なメタルショーも気になりました。

26. August 2015 by sats
Categories: events, shows, foods | Tags: , , | Leave a comment